歯周病の主な症状やその原因

歯周病と一口に言っても、私達が一般的に認識している歯周病とそうでない歯周病とあります。 そして歯周病は、歯肉炎や歯周炎に分かれ、その中でも妊娠時など何か特別な時期に起こるものと、通常のものなど、細かく分けると色々とある歯周関係の病気のことを総じて歯周病と一括りに表現されています。

基本的な歯周病治療や外科治療について

歯周病になる主な原因は歯垢と言われています。 歯垢の中には沢山の細菌が存在しており、その細菌が歯肉や歯槽骨に影響を及ぼすことで発症するのが歯周病になります。 普段の歯磨きが不十分だとかかりやすく、40代以降では約8割の方が歯周病かその予備軍である可能性が高いようです。

歯周病は普段のケアで予防できる

歯周病は、ひどくなると歯茎が下がり歯がグラグラになって最悪抜歯も免れないという恐ろしい病気ですが、普段のケア次第でいくらでも予防は可能です。 毎日丁寧に歯磨きをして、ダラダラ食べることをやめて規則的に食事を摂っていれば、それほどひどくはならないと思います。

歯周病には種類がある

歯周病は、昔は歯槽膿漏と呼ばれており、歯茎が下がってきてそのうち歯がグラグラとしてきて最終的には抜け落ちてしまう、という恐ろしい病気です。
そして歯周病は、初期のうちは症状に気付かず、歯がグラグラしてきてから気付くという人もいるでしょう。そうなることを避けるためには、定期的に歯科検診を受け、歯のチェックを専門家にしてもらい歯のケア方法について学んで日頃から自分の歯に関心を持つことが必要です。
歯周病には様々な種類があり、その症状も様々ですが、基本的には、歯についた歯垢を放置していることにより発症する病気と言えます。
しかし単純に歯磨きをサボって出来てしまった歯垢は自己責任とも言えますが、妊娠や、年齢によるホルモンバランスの乱れなど、体の変化による問題で歯周病になりやすい時期というものもあるのです。
また、年齢的には40代くらいになるとなりやすくなると言われています。その原因は、職場でのストレスを受けやすい年代であることと、働き盛りであり子供も完全には手が離れておらず、忙しい日常を送っていることが大きいでしょう。
毎日の生活に精一杯で歯のことまで気が回らないという方も多いのではないでしょうか。
さらに、歯周病菌は血液を介して全身に流れるので、心筋梗塞や狭心症などの心疾患を引き起こしたり、糖尿病の悪化など、問題は口腔内だけには留まらないのが恐ろしいところです。
そんな恐ろしい歯周病にはどのようなものがあるのか、その具体的な症状や治療法、予防法などについて、以下に述べていきたいと思います。

TOPへ戻る